他の治療法との比較|インプラント治療の心得

インプラントの基礎知識

インプラントの普及と治療レベルの開き

インプラント治療のトラブル

オペの安全性を高める「サージカルガイド」

医院を選ぶ上で大切なこと

インプラント治療を受けた患者さんの声

インプラント治療費用・相場・保険適用

松下歯科医院のインプラント症例

松下歯科医院のインプラント治療

他の治療法との比較

HOME»  他の治療法との比較

インプラントと他の治療法との違い

ブリッジとインプラントの比較

ブリッジの場合
ブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。
インプラントの場合
インプラントでは両端の健康な歯はそのままで、負担もかかりません。

部分入れ歯とインプラントの比較

部分入れ歯の場合
部分入れ歯の場合、残っている歯に金属のバネをかけて支えています。違和感があり、清掃も難しく見映えも良くありません。
また、数年の内にバネの支えになっている歯が移動したり、グラグラになってくることがあります。
インプラントの場合
インプラントでは失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。
残っている歯への負担はほとんどありません。

総入れ歯とインプラントの比較

総入れ歯の場合
総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。
噛む力はインプラントの数分の一といわれています。
インプラントの場合
インプラントでは、義歯は顎(あご)の骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。
取り外しのわずらわしさもありません。

骨量が少ない方への治療法

歯周病が悪化してから歯を抜いた場合や、歯が抜けてから長期間放置した場合、入れ歯で骨が長期間圧迫されていた場合は、顎の骨は薄くなり、高さも減ってしまいます。こうなるとインプラントを支える骨が少ないわけですから治療が難しくなってしまいます。そんな理由でインプラントは不可能と言われた方々も少なくないようです。

しかし、あきらめないで下さい。
少なくなった骨を増やしてインプラントを成功させる技術があります。
また、骨が無いと言われた方でも高性能なCTスキャンで検査を行い、インプラントが可能な骨を見つけ出せる可能性があります。このような方法を用いると骨が少ないとあきらめていた方のほとんどの人にインプラントを行うことが可能です。

サイナスリフト

上顎の奥の骨が極度に薄い時に、お口の中から鼻の空洞に窓を開け、そこに骨を追加して骨を増やす方法です。
しかしサイナスリフトには、下記のような欠点もあります。

  1. 手術範囲が広くなり、その分侵襲が大きくなる。
  2. 症例によっては手術回数が多くなり治療期間も長くなる。

ソケットリフト

顎の奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を持ち上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。
サイナスリフトに比べ手術範囲は小さく、また治療期間も短くて済みます。
ただし、ソケットリフトの方が手術の難易度が高くなるので、よりハイレベルな手術テクニックが必要とされます。また当然CTよるデータ分析が不可欠となります。

当院のCTはフィンランド製で国内導入第1号です。
国内外の他メーカーのものに比べて、レントゲン被爆線量が格段に少なく患者さんへの負担が極めて少ない機械です。

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法とは

インプラント治療は、治療期間が長く負担が大きいとお思いの方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、現在では歯の保存状態や口腔内の環境にもよりますが、抜歯してその抜いたあとに、すぐその日にインプラントを埋入する方法です。
それが、「抜歯即時埋入法」です。

抜歯即時埋入法の利点と欠点

利点
1回の手術ですむので患者さんの負担が少なく、トータルの治療期間が短くなります。
また、自然治癒力を利用するので処置がシンプルです。
欠点
術者の診断、治療計画立案と実践の能力により治療結果に幅が出ます。
つまり、術者の技術レベルに依存する治療であり、いわゆる「経験のあるうまい先生」に診てもらう必要のある治療法といえます。

インプラント治療 詳しく

松下歯科医院のインプラント症例 詳しく

インプラント治療を受けた患者さんの声 詳しく

他の治療法との比較

よくあるご質問

TOP