オペの安全性を高める「サージカルガイド」|インプラント治療の心得

インプラントの基礎知識

インプラントの普及と治療レベルの開き

インプラント治療のトラブル

オペの安全性を高める「サージカルガイド」

医院を選ぶ上で大切なこと

インプラント治療を受けた患者さんの声

インプラント治療費用・相場・保険適用

松下歯科医院のインプラント症例

松下歯科医院のインプラント治療

オペの安全性を高める「サージカルガイド」

HOME»  オペの安全性を高める「サージカルガイド」

日々進化するインプラント技術

インプラント治療はオペ、外科手術です。そして、口腔内には多くの神経や血管が通っています。
どんなにインプラント治療の経験豊富な医師でも、フリーハンドで手術を行う以上、神経や血管を傷つけてしまうというトラブルは常に付きまとっているのです。
ただ、インプラント治療技術も時代の流れと共に進化し、安全性を追及した技術が徐々に確立されてきました。
その一つが、コンピューターのシミュレーション通りの位置に、ガイドを用いてインプラント埋入するインプラント手術です。

サージカルガイドを用いたインプラント手術

サージカルガイドは、手術の際に口腔内にはめる型のようなもので、コンピューター上でシミュレーションした通りにインプラント治療を行うためのものです。
顎の骨に穴を空けるドリルとしっかりフィットするよう設計されていて、またドリルにはストッパーが付いているため、角度も深さも理想的な位置にインプラントを埋入することができます。そしてなにより、ガイドに沿ってインプラントを埋め込むため、神経や血管を傷つけるリスクが格段に低くなります。
ここでは当院が使用しているサージカルガイドについてお話しさせていただきます。

当院が作るサージカルガイドはデンツプライシロナが提唱する「セレックガイド」というシステムを導入しております。
「セレックガイド」とはコンピュータソフトを用いてCTデータを解析し、理想的なバーチャル補綴データと融合させた3次元画像を下に、インプラント埋入するプランニングを行い、サージカルガイドを歯科医院内で製作するシステムです。

通常のサージカルガイドは歯科技工所でスキャンプレートを製作、センターにサージカルガイド製作を依頼・発送するなどの時間とコストがかかるものでしたが、「セレックガイド」で作るサージカルガイドは医院内で完結できるため、業者に依頼する時間やコストがかかるステップがなくなり、迅速的にかつ効率・経済的なシステムと言えます。

インプラント治療 詳しく

松下歯科医院のインプラント症例 詳しく

インプラント治療を受けた患者さんの声 詳しく

他の治療法との比較

よくあるご質問

TOP