治療期間を短く「抜歯即時埋入法」|インプラント治療の心得

インプラントの基礎知識

インプラントの普及と治療レベルの開き

インプラント治療のトラブル

オペの安全性を高める「サージカルガイド」

医院を選ぶ上で大切なこと

インプラント治療を受けた患者さんの声

インプラント治療費用・相場・保険適用

松下歯科医院のインプラント症例

治療期間を短く「抜歯即時埋入法」

松下歯科医院のインプラント治療

治療期間を短く「抜歯即時埋入法」

HOME»  治療期間を短く「抜歯即時埋入法」

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入とは

抜歯即時埋入とは

抜歯即時埋入とは、抜歯したその日のうちにインプラントを埋め込む手術方式のことです。

従来のインプラント治療では、まず虫歯や歯周病、または事故で歯が折れてしまったなどの問題のある歯を抜歯し、必要な治療を行ないます。その後、骨が安定するまで待ってから、インプラントを埋め込んでいます。

そのため、これまではインプラント治療といえば、抜歯から最終的な上部構造(かぶせもの)をかぶせるまで、半年から1年近く時間がかかってしまいます。抜歯と埋込の計2回、外科的な手術が必要になるなど、患者さんの負担も大きいものでした。

こうした負担を軽減するため、インプラント製品や治療技術の改良・向上が進み、「抜歯即時埋入」が可能となりました。抜歯と埋込の手術が1回で済み、治療期間も短くなります。切開しないため傷口の治癒も早く、特に前歯は歯ぐきの形がそのまま生かせるのが特徴です。より自然な歯に近い上部構造(かぶせもの)ができ、見た目も美しい仕上がりになります。

抜歯即時埋入の適応について

抜歯即時埋入はメリットが大きいものですが、すべての人が治療可能というわけではありません。
歯科医師の治療技術が要求される分野であり、「インプラントを埋め込む箇所に、十分な骨の量があること」「抜歯時、歯周病などにかかっていない」といった条件が必要になります。

歯科医院ならどこでもできる、すべての患者さんに行えるというものではありませんので、一度ご相談ください。

抜歯即時埋入のメリット

  1. 抜歯と埋込の手術が1回で済み、患者さんへの負担が少ない。
  2. 従来のインプラント治療よりも治療期間が約半分と短くなる。
  3. 切開しないため、痛みや腫れなどの歯肉へのダメージが少ない。
  4. ドリルで骨を削る量、時間が少なくできる。
  5. 抜歯した直後は体の治癒力が活発になるため、傷口の修復も早い。
  6. 歯ぐきなどの軟組織の形を維持しやすく、見た目もきれいに仕上がる。
  7. 抜歯した箇所の骨がやせにくい。

抜歯即時埋入の流れ

1.検査・診断
検査・診断 インプラントが埋入可能な骨の量があるか、歯周病などにかかっていないかなど、検査・診断を行います。
2.抜歯
抜歯できるだけ抜歯する歯のまわりの骨を保存しながら、抜歯を行います。抜歯するときは、歯の根を残さないように、患者さんの症状に合わせて慎重に処置を行います。
3.インプラントの埋入
インプラントの埋入抜歯後の歯ぐきの修復や骨の吸収などを考慮し、できるだけサイズの合ったインプラントを埋入します。
4.骨補填材の填入
骨補填材の填入抜歯した部分と埋入したインプラントの隙間に、骨補填材(こつほてんざい)という骨の代わりとなる素材を入れます。この段階で状態が良ければ、すぐに仮歯を入れることもあります。
5.上部構造の装着
その後、3~4ヶ月ほど経過を観察します。インプラントと骨が結合して安定したら、アバットメント(支台)や上部構造(かぶせもの)などを装着します。

上部構造の装着上部構造の装着

保険適用について

インプラント治療は、ほとんどの場合、保険適用外の自由診療扱いとなります。
ただし、下記の条件では保険が適用されますので、一度ご相談ください。

○保険適用される場合
  1. 先天的な疾患により、顎の骨の3分の1以上が欠損していると診断された場合
  2. 顎の骨が形成不全と診断された場合
  3. 事故や病気などで、広範囲にわたって顎の骨を失った場合

※歯周病や虫歯、また加齢が原因で顎の骨がやせたといった場合は、対象外となります。

インプラント治療 詳しく

松下歯科医院のインプラント症例 詳しく

インプラント治療を受けた患者さんの声 詳しく

他の治療法との比較

よくあるご質問

治療期間を短く「抜歯即時埋入法」

TOP