インプラント治療費用・相場・保険適用について|インプラント治療の心得

インプラントの基礎知識

インプラントの普及と治療レベルの開き

インプラント治療のトラブル

オペの安全性を高める「サージカルガイド」

医院を選ぶ上で大切なこと

インプラント治療を受けた患者さんの声

インプラント治療費用・相場・保険適用

松下歯科医院のインプラント症例

松下歯科医院のインプラント治療

インプラント治療費用・相場・保険適用について

HOME»  インプラント治療費用・相場・保険適用について

インプラントの治療費用・相場・保険適用について

インプラント治療費用・相場・保険適用について

インプラント治療を行って歯の機能を取り戻したいという方が増えていますが、その際に気になるのが治療費用についてではないでしょうか。
そこで、「高額になるのではないか?」という不安を解消するために、治療費用・相場・保険適用になるのかについてご紹介いたします。

インプラント治療の費用相場

1本あたりの相場

顎の骨に人工歯根を埋め込むという高度な技術を要するインプラント治療。
かなり費用がかかってしまうのでは? という不安がよぎることと思います。
気になる費用相場ですが、一般的には「1本あたり10万円から100万円」といわれています。

その差に幅があるなと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、この価格差はなぜ生じるのでしょうか。インプラント治療というのは、保険が適用にならない自由診療であるため、治療費は「歯科医院が自由に設定できる」というのがその理由です。

また、詳細は後述しますが、インプラント治療は比較的まだ新しい治療であるため、歯科医師の技術力と経験の度合いによって設定価格が異なっているのが実情。安さばかりにとらわれて、評判などを気にせずに治療を受けたケースでは、残念ながら失敗してしまった方も多く存在しているのです。

もう1点、複数の歯科医院の費用を比較する際に、気をつけたいこととして、その費用の内訳がどのようになっているかも重要なポイントです。基本的に、インプラント治療一式(手術費用、被せ物の費用、局所麻酔など)の料金を表示するのが常識ですが、中には一部の治療内容の費用のみを明示し、いかにも安く治療ができるような表現で集客するようなところもあります。

その他にも、治療後のメンテナンス費用が含まれているところと、その都度費用を払わなければならないところがあり、メンテナンスに毎年数回通う場合は、まとまった費用がかかってしまうことも。

このように、含まれる治療内容を明確にしていない見た目だけの費用に誘われてしまうと、結果的にさまざまな治療費がプラスされ、気づいたときには高い治療費を支払うハメになっていることもあるので注意しましょう。

せっかくインプラントを入れても、このように後悔するような結果になってしまうことは避けたいもの。最初にきちんと治療内容と費用を確認し、納得した上で歯科医院を決定することをおすすめします。

愛知県の相場

愛知県のインプラント治療1本あたりの相場は、30万円から50万円程度。全国の相場と比較すると、「安過ぎず高すぎず」という納得できる価格帯にあるといえるでしょう。
とはいえ、20万円もの差があるのは事実。愛知県名古屋周辺でインプラント治療を受ける方は、その差が何から生じているのか明確にした上で、治療を受けることをおすすめします。

歯科医院によって費用が違う理由

歯科医の技術力の差

歯科医院によって費用が違う理由

もっとも気をつけなければならないのが、歯科医の「技術力」の差によって価格が異なる場合です。
日本において信頼性の高い海外のインプラントが導入されるようになったのは1983年。
国産のインプラントが開発されたのはその後ですから、まだまだ年月としては浅い治療法です。

しかし、しっかりと経験を重ね技術を身につけてきた医師の施術で行うインプラント治療であれば、その素晴らしさは既に証明されていますので、実力のある歯科医であれば安心して治療を受けることが可能。その分、価格もある程度高めに設定されています。

それとは反対に、格安で治療を行っている歯科医院の場合は、まだ経験の浅い歯科医が施術をしている可能性がありますので注意が必要です。せっかく治療をしたのに埋め込んだインプラントが顎から抜けてしまった、痛みがいつまでも続いてしまうなどの困った状態に陥ることも・・・。

大切な歯の治療は、安心して任せることのできる、信頼性の高い歯科医院を選んで治療を受けるようにしましょう。

歯科医院の設備の差

インプラント治療を安全に行うためには、事前の検査、手術に必要な機器や場所、しっかりした衛生管理が欠かせません。これら全てにおいて十分な設備が整っていなければ、安心・安全なインプラント治療が行えるとはいえません。

たとえば、インプラントを埋め込む対象の顎の状態や、神経の走行状態、骨量、血管の状態などを把握するためにはCTによる撮影が必要ですが、その歯科医院にCTがなければ、別の病院などに行ってCT撮影のみ行い、別途費用が発生してしまうこともあるわけです。

また、安全な手術を行うためには、専用の手術室も必要となりますし、衛生面を整えるためには減菌システムも必要です。しかし、このような対応がなされていない歯科医院では、院内感染の危険性があるためおすすめできません。

つまり、これら全てが揃っていて、失敗や事故を防ぐことができるので、不足していれば安心できる手術が行えなかったり、別途費用が必要になったりすることもあります。
そのため、歯科医院を選ぶ際は、設備についてもしっかりと事前確認をしておいてください。

使用しているインプラントメーカーの差

インプラント体については、多数のメーカーが手がけているため、そのメーカーによっても価格が異なります。その数はなんと100種類以上。たとえば、海外だけでもさまざまなメーカーが存在します。

当院で30年以上の使用実績があり、世界シェアNO.1のスイスのストローマン社、韓国製・中国製の無名のインプラントメーカー、その他国産のインプラントメーカーなどがあるため、当然ながらその品質も異なり、価格差が生じてきます。

歴史を持つメーカーであれば、その研究や開発に年月をかけてきているのでエビデンスもあり信頼性が高くなりますが、それなりに費用がかかっているため価格は当然ながら高くなります。

しかし、実績のないメーカーのインプラントは、価格は安いですが「本当に大丈夫なのか?」という不安がつきまといます。広く出回っていないため、経験済みの医師も少なく、またマニュアルが完備されていないこともあり、しっかりした治療ができずにトラブルが発生するケースが起こっているのです。

インプラントの素材の差

素材の差は、メーカーの差にも準ずるところがありますが、ものによって良質なものと信頼できない不良なものが存在します。歴史がある素材のインプラントであれば、安心して使用することができますが、価格を下げるために素材の品質を落としているケースでは、埋め込んだあと長期間安定した状態が保てないケースもあります。

いつまでも安心して活用できるインプラントを入れたい、それは皆同じ思いのはずですが、安価なインプラント治療に飛びついてしまうと、その願いが叶わないという事態にもなりかねないため注意が必要です。また、使用する人工の歯の素材によっても異なるケースがあります。

インプラント治療にかかる費用の内訳

治療費用の内訳 費用の目安
検査・診断料 1万円~5万円程度
手術費 10万円~30万円程度
材料費 10万円~20万円程度
メンテナンス 無料~5,000円程度(1回につき)

検査・診断料/1万円~5万円程度

インプラントは、歯と顎の状態をしっかり見極めてから治療を開始することが必要です。そのため、CTで顎を撮影し、それをもとに医師が診断し治療計画を行います。両側なのか片側なのか、また上下撮影するのかどうかによっても費用が変わります。

手術費/10万円~30万円程度

インプラントを医師が埋め込む手術にかかる費用のこと。埋め込む方法(1回法、2回法)、医師の技術力などによっても大きく差が開く項目です。

材料費/10万円~20万円程度

インプラント、人工の歯の種類によって材料費も大きく異なります。たとえば人工の歯の場合、ジルコニアセラミック冠・ハイブリッドセミラック冠・オールセラミック冠(8万円~20万円)、セラミック冠(6万円~10万円)、金冠(5万円~6万円)、銀冠(3万円~4万円)のどれを使用するのかによっても違います。

現在のインプラント治療はオールセラミック冠やセラミック冠などが主流。さらに、治療する本数分の費用がかかるので、トータルにすると高額になることもありえます。

メンテナンス/無料~5,000円程度(1回につき)

インプラント治療後は、数か月ごとの定期的なメンテナンスが必要です。経過を見るためのレントゲン撮影、インプラントの調整、歯のクリーニング代などがメンスナンス費用として考えられますが、歯科医院によって無料の場合と有料の場合があるため、事前に確認しておきましょう。

インプラント治療にかかる費用の内訳

インプラント治療の保険適用について

インプラント費用に関しては、保険が適用されるかどうかも気になるところ。適用されれば一部の負担で済みますが、適用されない場合は全ての治療が実費となるため、ご自身の症状や状態が適用となるかどうかについても、事前に確認しておきましょう。

ちなみに、2012年4月から次のようなケースの方が保険適用となることが確定しています。

・怪我、病気が原因で、顎の骨が広範囲にわたり欠損した状態の方
・先天性の疾患があり、顎の骨が広範囲にわたり欠損している方

具体的な事例としては、次の2通りのケースが対象となります。

・下顎の骨で1/3以上を欠損している。また、腫瘍などの病気で下顎を切除しているケース
・上顎の骨で1/3以上が欠損している。また、欠損が上顎洞や鼻腔へつながっているケース

このように、インプラント治療を行わなければ回復が見込めないケースに限り、保険が適用となります。

なお、上記以外の、虫歯や歯周病などにより歯を失くしてしまった方、入れ歯では満足できないためインプラント治療をして快適な食生活を送りたい方には保険は適用されず、全額自費治療となります。

医療費控除

医療費控除

インプラント治療をするにあたり覚えておきたいのが、医療費控除の対象になるということ。健康保険の適用にはなりませんが、この医療費控除の対象となることで費用の軽減につながります。

たとえば、1年間(1月1日~12月31日)にかかった家族のトータルの医療費が10万円(もしくは、所得金額の合計額が200万円未満の人の場合は5%の金額)を超えた場合、その超えた分が所得控除の対象となります。

インプラントにかかる費用は、ある程度まとまった金額になることが多いため、決められた期日に医療費控除を申告するようにしましょう。

デンタルローン

「インプラント治療を受けたいけれど貯金がないから難しい」と悩んでいる方も、ご安心ください。歯科治療が目的の場合、デンタルローンを活用することができます。治療費は信販会社が立て替えてくれるので、一括で現金支払いをしなくても治療を開始することが可能です。

信販会社に対しては、毎月分割で決められた金額(手数料を含む)を支払うという仕組みになっているため、無理のない設定でローンを組むことでインプラント治療が実現します。
その他、クレジットカードによる支払いが可能な歯科医院もありますので、これらの制度を上手に活用することをおすすめします。

適正価格のインプラントを選ぶには

適正価格のインプラントを選ぶには

インプラント治療は、いつまでも自分の歯と同じ噛み心地を手に入れるために行う治療法です。
にもかかわらず、安価な料金でいい加減な治療を受けてしまったのでは、目的を叶えるどころか、歯や顎をますますダメにしてしまい、再治療を行わなければならないという事態に発展してしまうこともありえます。

これでは、インプラントにかけた費用が全て無駄になってしまい、結果的に大損をすることにもなり兼ねません。
あとで困る事態にならないインプラント治療行うためには、安すぎない歯科医院を選ぶことが大切。料金設定が跳びぬけて高い歯科医院も、納得できる理由で高額かどうかを事前に確認するようにしましょう。

愛知県で適正価格のインプラント治療を選ぶ際には、こちらでご紹介した愛知県の相場を参考にご検討いただくことが望ましいといえるでしょう。

まとめ

最適なインプラント治療は、適切な価格設定で、かつ設備が充実しており、医師のインプラント治療実績が豊富なところがおすすめ。このような歯科医院であれば、使用するインプラントのメーカーや素材もいい加減なものは使っていないことが多いので安心です。

それでも、最初の診察、カウンセリング時には、インプラントの詳細を確認することが必要でしょう。質問に対し、誠実に答えてくれない歯科医院はもってのほか。自信がある歯科医院なら、しっかりした答えが返ってくるはずですので、遠慮せずに確認することが大切です。

歯は一生つき合っていく大切な体の一部ですから、納得のいく治療を受けることができるよう、歯科医院と歯科医師をしっかり見極めて選ぶことをおすすめします。

インプラント治療 詳しく

松下歯科医院のインプラント症例 詳しく

インプラント治療を受けた患者さんの声 詳しく

他の治療法との比較

よくあるご質問

TOP